旅と衣食住と静菜と。

2015年4月からの旅と衣食住の記録日記。

ワタシが通信制大学に転籍した理由

通信制のメリットは

 

①自分の好きなときに好きに勉強が出来る

②自分の好きなところで好きに勉強が出来る

こと。(主観)

 

このメリットを得るためにうちは通信制に変更しました。

 

 

2016年4月1日に帰国して復学するつもりだったんだけど、

オーストラリアのワーキングホリデービザもまだ期限あったし、

 

まだオーストラリアにいたかったから

 

 

どうしたら戻れるか考えてみたら、

通信制」って文字をなぜか目にしたんだよね。

 

そこからもともと行っていた日本大学商学部通信制があるのを知って、

 

いくらで転籍できるんだろう?

いつから転籍できるんだろう?

海外からでも単位取れるんだろうか?

 

たくさん調べてみて、

三日後には転籍手続きをしてた。

 

今考えてもものすごい行動力を発揮したな、って思う。笑

 

 

けどそれを後悔したことない!本当に一回もない。

 

「休学せずに海外行く」なんていう考えてもなかったことに挑戦出来て、

オーストラリアでもう一度ワーホリが出来る権利も得られた。

 

メキシコでたこ焼き売るなんていう面白いことも出来た。

 

キューバで日本と全然違う文化を感じることも出来た。

グアテマラで日本人宿が大好きになった。

 

通学制のままだったらできなかったこと。

 

もちろん賛否両論あるのもわかってる。

大学生ってのは学業が本業でしょって言われることもある。

 

 

けどあのとき決意出来ていなかったら

こんなに”手作り”に興味抱かなかったと思うし、

 

食にもこんなこだわらなかったかもしれない。

 

こんなに自分のこと好きになれなかったかもしれない。

 

 

 そういうのをどんどん発見できるから海外に行くのが本当に好き!

 

 

あのとき『通信制』っていう言葉を見たのは偶然だったけど、

それを大きなターニングポイントに出来て本当によかった!!!!!

 

 

これから学んだこと。

「やりたいことへ向かっていけばその方向へ進めること」

「どうしたら熱意を消さないで進めるかを考えて行動する大切さ」

「『無駄な時間なんて無い』のは分かるけど効率良くできる方法を考えること」

 

 

 そのときは必死で自分に素直にやってただけだけど今振り返って感じたこと。

 

これからも振り返ったときにあの選択良かったな〜って思えますよーに!