旅と衣食住と静菜と。

2015年4月からの旅と衣食住の記録日記。

【アメリカ留学費用の1/2】3ヶ月のフィリピン留学の費用って実際いくら?

2015年4月からずっと夢だった英語留学を経験しました。

 

フィリピンに決めたのは安さ近さ英語力の伸びしろ。

インターンをしていたTABIPPOさんのおかげでフィリピン留学がより身近に感じられていたのも大きかった気もします。

 

三ヶ月、12週間のフィリピンのセブ島での英語留学は本当に本当に本当に楽しかったです。

毎週末の旅行、

授業終わりのプール飛び込み、

友達とのお出かけ、

フィリピン人、韓国人、台湾人の価値観、

 

全てが新鮮で、毎日ワクワクしていました。

 

 

絶対にかかる費用は、

①航空券代

②入学金

③授業料(ここに滞在費や食費なども含まれていることが多い)

④教材費

⑤現地で支払う光熱費

⑥ビザ更新代(2ヶ月を超える場合必要)

⑦その他(保険料や鍵のデポジット代、ピックアップ代 等)

 

意外と多いですよね。

けどこういうのもあらかじめエージェントさんが計算してくれているので、面倒なことはあまりなかったように記憶しています。

 

 

私の場合は、

入学費+学費+食費+住居費=40万ほど(3ヶ月)

 

これに加えて光熱費や教材費の5万ほど。
ビザ更新代=7万ほど
航空券代(往復)=5万ほど

プラス6万でその他雑費やかかる諸費用は賄えます。

63万円

 ※もちろんその時のレートや価格変動する航空券代や学校にもよります。

 

 

これくらいでフィリピン留学は出来ます。

 

アメリカ留学(平均115万円/12週間)

カナダ留学(平均85万円/12週間)

イギリス留学(平均125万円/12週間)

 

と比べても安いのは分かりますが、ずば抜けて安いようには感じないですよね。

 

ただ上記の3カ国の費用には航空券代や保険代などは含まれていないので、

近いという利点でもフィリピンは良いのではないかと思います。

 

かつ、フィリピンは遊べます

 

うちの場合はこれに+17万円使って毎週旅行に行ってました。

授業終わりに飲み行ったりも、行きたいレストランにも、クラブにも我慢せずに行ってました。

 

そんなに遊んでても全部で17万円です。

 

毎週末の旅行:1回の旅行で1万円ほど

授業終わりの飲み会:約500円

夜遊びの時のクラブ代:入場料700円ほど

 

とても遊びました。けどそのおかげか今でも印象に残っている思い出の一つです。

 

 

 

「遊んでばかりで大丈夫なの?」

はい、大丈夫です。

 

最終的には全体的に二段階ほど成長しました。

リスニングに関しては五段階ほど(!)も成長しました。

 

なによりも「英語に対する壁」が低くなって、無意識に英語が口に出てくるようになったのはうちにとっては一番得られて大きかったことでした。

 

 

それはきっと遊んでいる時にも英語を使おうと頑張っていたからかと思います。

 

気楽に英語を使えるようになるには

授業中の固い文だけでなく、

外国人の友達と遊ぶ間に使う”良く使う表現”を身につけることなんだろうなって思いました。

 

 

 

 そういう意味でも「ネイティブといきなり会話するのは怖い」と思っている人にはフィリピン留学はオススメです。

やはり同じ英語でもアジア人の英語は馴染みやすく、聞きやすいです。

 

だからこそ、たくさんのひとがそれぞれすごく楽しそうに英語と向き合えやすいのではないかと思います。

 

 

けれど、短期だけお試しにって二週間だけとか1ヶ月だけとかなら正直行かなくていいと思います。

 

2ヶ月目になってやっと「あ、自分話せるようになってる」って実感できましたし、

そこからやっと定着していくものだと思いました。

 

入学費は一緒ですし、航空券も同じ額払って勉強しにいくなら

ちゃんと英語力つけたいじゃないですか。

 

なら心から2ヶ月以上をオススメします。

 

 

英語上手く伸ばせられなくて泣いたときもあったし、先生に対して憤りを感じたこともあったけど、

ぜんぶぜーーーーーんぶ良い思い出で、フィリピン留学は行って良かったって心から思えましたよ。

 

また行きたいなあぁ。