旅と衣食住と静菜と。

2015年4月からの旅と衣食住の記録日記。

オーストラリアでファーム経験するならバナナファームをオススメする。

 

anies23.hateblo.jp

 

 の、続編。

 

大嫌いなシドニーとはおさらばして、

 

ゴールドコースト

ブリスベン を経て、

 

 

ケアンズへと到着。

 

 

 

その時は正直もう半端ないくらい心臓ばくばくしてて、

 

「仕事見つかるのかな」

「どんな人がいるんだろう」

「また嫌な生活を過ごすことになったら嫌だな」

 

そんなマイナスなことばかり思い浮かんでしまってて。

 

 

 

 

 

そんなことをぐるぐると考えながら

 

ケアンズからまたさらに田舎の方へバスで2時間くらい走る。

 

 

 

目的地はマリーバというところ。

 

バナナのファームで有名で

オーストラリアで二番目に大きなバナナ農園がある場所。

 

その他にもチキンファクトリーという、男の人なら絶対に働きたいって思うだろう仕事もある。

(時給がすごく高くて、ここで働いていた人は週に余裕で1000ドル超を稼いでた。) 

 

 

日本への一時帰国も含めて半年ここで暮らしていたんだけど、

 

最終的にうちでも50万円ほどは貯金できました。

まっったく節約もしていなかったし、iphoneも買っていたしよく遊びにも行っていたのだけど、

 

貯金できました

 

 

 仕事関係

  • 仕事内容:バナナの箱詰め
  • 時間:7:00〜17:00(休憩1時間)
  • 時給:約23ドル(TAX込)
  • 手取り/週:700〜900ドル

 

うちはHOWE FARM(ハウファーム)というさっきも言った、二番目に大きいファームで一番長く働いていたのだけど、

 

日本でも有名なDOLE(ドール)でも働いたことあって。

 

DOLEの方がノルマとか課されることなかったけれど、週に3日しか働かせてもらえないこともあって。。

 

けどこうやって小さいファームは仕事がないと週に2〜3日しか働かせてくれないところが多いっていうのはオーストラリアにいた時は聞いていて、

 

そうなると貯金したい人やセカンド取得に向けて日数を貯めたい人からすると、

 

時間が限られているワーホリ期間中には厳しいこともあるそう。

 

 

 

それに比べてHOWEは、バナナの収穫量が少なくても最低でも週4日は働かせてくれる(働きたい人は5日目(=金曜日)も半日だけど働かせてくれる)から収入が安定してくれて助かったし、

 

すごく良い会社だからワーホリ者に対してもボーナス制度や保険制度も整えてくれていて、、、

 

そんな願ってもいないすごくすごく良いバナナ農園で働いてました!!!

 

 

生活関係

  • 家賃/週:60〜75ドル
  • 食費/週:30〜35ドル 

 

これらに加えて、その他雑費ももちろんかかっていたけれど、

 

収入>出費

 が崩れることはなく、手取りから大体の出費を引いてもらえば分かるんだけど、

 

きちんと意識すれば本当はもっと貯金できます、絶対。

 

毎週の安定した収入

安い家賃

自炊するから食費もセーブ出来る

 

 

貯金出来ない人は、高いものにお金をかけ続けてる人。笑

 

オーストラリアのワーホリって実際稼げるの?

 A.稼げます、ファーム生活なら。

※ただしファーム選びは慎重にすべき